• Home
  • 書籍
  • 雑誌
  • コミック
  • DVD・CD
  • デジタルコンテンツ
  • お問い合わせ
発売日:2006年06月02日
判型:A5判
本体価格:1429円(税抜)

大航海 No.59


性関係はない 男の享楽と女の享楽……………立木康介
なぜ二種類(だけ)の他者がいるのか?……………大澤真幸
「分析人 ホモ·アナリティクス」の誕生……………原和之
虚偽と創造 精神分析の倫理……………加藤敏

大航海インタビュー 
新宮一成×三浦雅士
ラカンへ向かう道
いまなぜラカンなのか? 一臨床医の歩みにフロイト、クライン、ラカン という展開の必然を見る

シニフィアンに光あれ……………宇波彰
ラカンを越えるラカン マトリックスの住人からの独り言……………中村俊規
ラカンという名……………妙木浩之
ラカンとクレランボー 精神医学との接点……………片田珠美
他者の帳が破られるとき バタイユとラカン……………酒井健
メディアの情動経済……………信友建志
すべてのものがカネで買えるわけではない……………中野昌宏
表象のミクロ分析学 グノーシスからラカンへ……………大田俊寛
多和田葉子の地図 
小説『旅をする裸の眼』と『アンコール』……………野島直子

ニューホライズン
国語教育と批評理論 石原千秋 行きすぎた批評の振り子が戻ってくる 河合祥一郎
キャビン·トーク
悪玉のインデックス 吉田直哉
連載
連載 <移動文学論——行動から移動へ>第4回
移動と逃走の狭間で文学をする(下)……………青木保
連載 
<新説世界史>第10回 批判に対するバナールの反駁(続)……………岸田秀
連載 
<白秋望景>第13回 豊穣なる童謡の世界……………川本三郎
コラム 
生半可な漂流者(58) 自動翻訳のあけぼの……………柴田元幸
コラム 
平成見聞録(46) 久世光彦の会話……………川崎徹

Page Top