• Home
  • 書籍
  • 雑誌
  • コミック
  • DVD・CD
  • デジタルコンテンツ
  • お問い合わせ
発売日:2009年04月23日
判型:四六判上製
ISBN:978-4-403-21100-3
本体価格:2000円(税抜)

銀幕風景

(ぎんまくふうけい)

川本三郎:著  

映画を構成する最重要の要素は俳優と物語と、それに「風景」!  デテイルの達人・川本三郎が撮影当時のロケハンの苦労談から、 21世紀になって変転した街の情景まで、 徹底的に銀幕上のワンシーンにこだわって懐かしの名画を論じます。 手にとってください。あの風景とともにあなたの人生も蘇ってきます。


1 アメリカ アメリカ映画地図

ワイオミングの緑したたる西部劇
シェーン(ワイオミング州)

トウモロコシ畑からあらわれた名選手たち
フィールド・オブ・ドリームス(アイオワ州)

ブルックリン子が夢みた場所
フィールド・オブ・ドリームス(ニューヨーク)

「夢の終わり」が投影されたスモールタウン
ラスト・ショー(テキサス州)

荒々しく雄大なテキサスの牧場を舞台に
ジャイアンツ(テキサス州)

恋へと誘う「キッシング・ブリッジ」
マディソン郡の橋(アイオワ州)

海辺の風景に溶け込む、年老いた姉妹
八月の鯨(メイン州)

モンタナの清流での聖なる楽しみ
リバー・ランズ・スルー・イット(モンタナ州)

一九六二年夏、カリフォルニアの田舎町で
アメリカン・グラフィティ(カリフォルニア州)

さびれた中西部、寂しさのなかの詩情
アメリカ、家族のいる風景(ユタ州、ネヴァダ州、モンタナ州)

巨大瀑布を舞台にしたモンローの出世作
ナイアガラ(ニューヨーク州)

「捨てる」州ネヴァダで出会った男と女の物語
荒馬と女(ネヴァダ州)

古き良き時代のスモールタウンの暮らし
ピクニック(カンザス州)

失意の男に自信を与えた「極北の海」
シッピング・ニュース(ニューファンドランド島〔カナダ〕)

人と街とが息づく、ニューヨークの物語
裸の町(ニューヨーク)

カブス本拠地の真横に住む、女性探偵の活躍
私がウォシャウスキー(シカゴ)

カストロも歓迎した、革命直後の現地ロケ
ハバナの男(ハバナ〔キューバ〕)

変化に富んだ街並みが、サスペンスの「隠し味」
めまい(サンフランシスコ)

復興に一役買った「恋人たちのニューヨーク」
アニー・ホール(ニューヨーク)

バレンタインの夜、恋人たちの展望台で
めぐり逢えたら(ニューヨーク)

マイアミの豪華ホテルで、てんやわんやの大騒ぎ
お熱いのがお好き(フロリダ州)

少年たちを成長させた、夏の日の冒険旅行
スタンド・バイ・ミー(オレゴン州)

人妻に憧れた少年が夏の終わりの夜に……
おもいでの夏(ニューイングランド)

明るい夏の海辺で花開く、二つの恋
避暑地の出来事(メイン州)

大自然に包まれた、ささやかでも豊かな生活
スペンサーの山(ワイオミング州)

六〇年代のNYを軽やかに行く、ヘプバーンの魅力
ティファニーで朝食を(ニューヨーク)

思い出の土地で愛し合う、現代のカウボーイ
ブロークバック・マウンテン(ワイオミング州)

ブラック・ユーモアを包み込む、美しい秋の風景
ハリーの災難(ヴァーモント州)

ポール・ニューマン演じる現代のカウボーイの悲哀
ハッド(テキサス州)

一九五〇年代、紅葉に包まれた高級住宅地の悲恋
エデンより彼方に(コネティカット州)

枯淡の境地とは一味違う、老人と猫のロード・ムービー
ハリーとトント(ニューヨーク?ロサンゼルス)

「世界一美しい島」と呼ばれるプリンス・エドワード島で
赤毛のアン(アヴォンリー〔カナダ〕)

開拓時代の日常生活を描いた、名場面の数々
荒野の決闘(アリゾナ州)

郊外とマンハッタンを結ぶ電車が生んだ恋
恋におちて(ニューヨーク)

どうやって冷たい海を泳いで生還しえたのか
殺しの分け前/ポイント・ブランク(アルカトラズ島)

創造の神さえ手をつけていない原初の風景
フィッツカラルド(ペルー)
2 ヨーロッパ ヨーロッパ映画地図

冬空の下、瓦礫と廃墟の街ウィーンで
第三の男(ウィーン)

夢破れた者が、新天地へと旅立つ町
過去をもつ愛情(リスボン)

コンパートメントの中での一夜の出来事
夜行列車(ワルシャワ?バルト海)

夏の保養地に現れた古き良き時代のレディ
小犬をつれた貴婦人(ヤルタ〔ウクライナ〕)

「世界でいちばん美しい地」の恋の物語
理想の女(ひと)(アマルフィ〔イタリア〕)

エディンバラの北の湾に架かる「鉄の恐竜」
三十九階段(スコットランド)

古都リヨンの横丁で暮らす、人妻の恋
嘆きのテレーズ(リヨン)

絶海の孤島の、峻厳なる美しさ
情事(エオリア群島〔イタリア〕)

神秘的な森と湖、若き日の記憶……
野いちご(ルンド〔スウェーデン〕)

内なる情熱を目ざめさせた、フィレンツェの陽光
眺めのいい部屋(フィレンツェ)

パリ郊外の静かな森での二人だけの時間
シベールの日曜日(ヴィル・ダヴレー)

戦後の貧しい時代、古都ローマの下町で
自転車泥棒(ローマ)

北イタリアに広がる田園と女性たち
にがい米(ポー川流域〔イタリア〕)

陽光に包まれ、生まれ変わる女性作家
トスカーナの休日(トスカーナ)

新婚旅行は、運河を進む水の旅
アタラント号(セーヌ川?ル・アーブル)

霧雨にけぶる、北フランスの港町
商船テナシチー(ル・アーブル)

モネも描いた港の日の出、二人の運命は……
霧の波止場(ル・アーブル)

荒涼たる海辺の断崖に立つ、優美な若妻
ライアンの娘(アイルランド)

季節はずれの海辺の寂しい詩情
男と女(ドーヴィル〔フランス〕)

普段着の町が似合うキュートなパリ娘
アメリ(パリ)

名匠J・フォードによるアイルランド讃歌
静かなる男(コング〔アイルランド〕)

水の都に彩られた、つかのまの恋物語
旅情(ヴェネチア)

六〇年代のパリも魅力のコメディ・サスペンス
シャレード(パリ)

「時は金なり」か「人生は楽しむために」か
お熱い夜をあなたに(イスキア島〔イタリア〕)

十六歳の夏、北フランスの海辺の避暑地で
青い麦(エルキイ〔フランス〕)

真夏の海も印象的な、若者の夢と挫折の物語
太陽がいっぱい(イスキア島〔イタリア〕)

「理知の人」の心を奪った女性が、実は……
シャーロック・ホームズの冒険(ロンドン、スコットランド)

名匠の故郷を舞台にした、懐かしき人生の祭り
フェリーニのアマルコルド(リミニ〔イタリア〕)

野獣のような男が慟哭した海辺はどこか
道(フィウミチーノ)

有閑階級とゴシップ記者の退嬰的な生活
甘い生活(ローマ)

オードリーと一緒に、夢のようなローマ旅行へ
ローマの休日(ローマ)

3 アジア アジア映画地図

消えゆく胡同を舞台にした父子の物語
胡同(フートン)のひまわり(北京)

水の都・蘇州??静かに揺れ惑う三人の心
春の惑い(蘇州)

韓国の小さな町の写真館で
八月のクリスマス(群山〔クンサン、韓国〕)

中国の小さな貧しい村の小学校で
あの子を探して(河北省)

郷愁を誘う、半世紀前の東京の街並み
東京暗黒街 竹の家(東京)

オリンピックで大忙しの東京を舞台に
歩け走るな!(東京)

復興に向かう町の日陰に生きる人々
季節の中で(ホーチミン)

さびれゆく炭鉱町の、美しい詩情
春が来れば(道渓〔トゲ、韓国〕)

山の上と下、香港のふたつの顔
慕情(香港)

「青い山々」とともに生きるチベットの民
ココシリ(青海省)

宮殿で撮影された、ユーモラスな泥棒映画
トプカピ(イスタンブール)

人間を寄せ付けない、原初の大自然
アラビアのロレンス(ヨルダン)

モンゴルの大草原に生きる六歳の少女
天空の草原のナンサ(モンゴル)

禁じられた愛の舞台は、寂しい海辺の町
四月の雪(サムチョク〔韓国〕)

人々を優しく包む、緑あふれる田舎の風景
冬冬(トントン)の夏休み(銅羅〔台湾〕)

都会っ子と山村の祖母との、心洗われる夏物語
おばあちゃんの家(ヨンドン〔韓国〕)

ハノイに住む美しい三姉妹のそれぞれの恋
夏至(ハノイ)

北京のテーマパークで働く、女性たちの哀歓
世界(北京)



あとがき
作品名索引
人名索引

著者紹介
川本三郎(かわもと・さぶろう)1944年、東京生まれ。東京大学法学部卒。評論家。1991年『大正幻影』(新潮社)でサントリー学芸賞、1996年『荷風と東京』(都市出版)で読売文学賞、2003年『林芙美子の昭和』(新書館)で毎日出版文化賞、桑原武夫学芸賞を受賞。そのほか『本のちょっとの話』『この映画見た?』(以上新書館)、『ミステリと東京』(平凡社)、『東京暮らし』(潮出版社)、『向田邦子と昭和の東京』(新潮社)、『現代映画、その歩むところに心せよ』(晶文社)など著書多数。
Page Top