• Home
  • 書籍
  • 雑誌
  • コミック
  • DVD・CD
  • デジタルコンテンツ
  • お問い合わせ
詳細検索一覧
  1. 並べ替え
  2. 表示件数

恋を半分、もう半分

久我有加

文庫判並製/本体価格620円(税抜)/ 2019-01-10

新入生の卓人は上級生の元宮の熱心な勧誘で落研に入部した。 元宮は男前な上に面倒見がよく、卓人は落語と元宮にどんどんはまっていくが……?

恋の二人連れ

久我有加

文庫判並製/本体価格620円(税抜)/ 2018-03-10

憧れの小説家・間宮が大阪滞在中と知り、執筆依頼に訪れた梓。 だが間宮は聞きしに勝る偏屈者で、梓に無理難題を言い出し!?  大正浪漫恋草子。

疾風に恋をする

久我有加

本体価格620円(税抜)/ 2017-11-10

時は大正、新人役者の英介は旧劇の人気役者・半次郎と共演することになる。 旧劇を下に見ていた英介だが、半次郎の懐の深さに惹かれてゆき…?

あの日の君と、今日の僕

久我有加

文庫判並製/本体価格620円(税抜)/ 2017-03-10

かつて告白された相手・渋川と再会した築島。 共に仕事をすることになるが、築島の前でだけイケメンが台無しになるほど動揺する渋川に築島は?

酸いも甘いも恋のうち

久我有加

文庫判並製/本体価格620円(税抜)/ 2016-11-10

芸一筋の落語馬鹿、山川小藤は、師匠の計らいでいやいや出演する羽目になったバラエティ番組で、二世落語家タレントの栗梅亭真遊と初めて顔を合わせる。 元より対極の芸風を持つ真遊を快く思っていなかった小藤だが、慣れない収録で彼を助けてくれたのは真遊だった。 敗北感と気まずさから礼も言えず自己嫌悪に陥...

幸せならいいじゃない

久我有加

文庫判並製/本体価格620円(税抜)/ 2016-09-10

脚本家の直登は、深夜のコンビニでアルバイトの大学生・北見と知り合う。 店の外でも一緒に食事をする仲になるが……? 初めて尽くしの恋♥

嘘つきと弱虫

久我有加

文庫判並製/本体価格620円(税抜)/ 2015-10-10

地図マニアで人付き合いの苦手な音也は、 以前ひどい振り方をしてしまった親友の麦人に三年ぶりに再会し……? 優しい嘘つきとがんばり屋の弱虫の恋♡

華の命は今宵まで

久我有加

文庫判並製/本体価格650円(税抜)/ 2015-06-09

小一森(こいちもり)子爵家の次期当主・実道(さねみち)の世話係を仰せつかった透(とおる)は、 優しく思いやりのある実道にたちまち惹かれていくが……? 時は大正、華族のお家騒動の渦中に花開く、濃密情愛ストーリー!

もっとずっときっと笑って

久我有加

文庫判/本体価格620円(税抜)/ 2014-10-10

お笑いコンビ・オレンジグミとして本格的に芸人の道を歩み出した寿志と起。同棲も始め、恋も仕事も順調…の予定が、養成所卒業後、ライブのオーディションになかなか受からない。ネタ見せでダメ出しされるのは起のツッコミのみ。ボケの寿志はそのままでいいと言われ、二人の仲もぎくしゃくしてしまう。キスを...

君が笑えば世界も笑う

久我有加

本体価格560円(税抜)/ 2014-07-10

高三の春、寿志はひとつ年下の幼なじみ・起から毎日のように漫才をやろうと誘われ困り果てていた。寿志も漫才は大好きだ。だが受け入れられない理由があった。起に片想いしていたのだ。起の望みはプロになることで、つまりコンビを組めば片想いの相手とずっと一緒にいなければならない。それはつらい。起の執念深さに負け、...

におう桜のあだくらべ

久我有加

文庫判並製/本体価格560円(税抜)/ 2014-03-10

噺(はなし)の技術は今ひとつ、だが愛嬌と舞い姿の艶やかさは上方落語界一と評判の山川椿丸(つばきまる)。 ある日寄席の主である瀬島から、敵対流派に属する栗梅亭真吾(くりうめていしんご)に引き合わされる。 真吾と言えばその技術の高さで注目される若手人気噺家。 瀬島は、決して同じ高座に上ることのなか...

恋の押し出し

久我有加

文庫判並製/本体価格560円(税抜)/ 2013-08-10

合コンの席で同じ男の泉田に一目惚れした達弘。 その日のうちに告白するものの瞬殺で玉砕。 けれど簡単には諦められず、彼の通う他学部の校舎まで訪ねていったところ、なんと泉田のまわし姿を目撃する。 彼は相撲部に所属していた。 もちろんその程度で気持ちが冷めるわけもなく、変な奴だと呆れられながらも相...

恋するソラマメ

久我有加

文庫判/本体価格560円(税抜)/ 2013-05-10

思い込んだら命がけ!

久我有加

文庫判並製/本体価格560円(税抜)/ 2013-02-09

芸人養成所に通う穣太郎(じょうたろう)は、大きな体をして極度の上がり症。 それを克服するためレストランで接客のバイトを始める。 オーナーの郡司は人当たりのやわらかいきれいな人で、穣太郎の失敗も一生懸命なところも優しく見守ってくれる。 彼のおかげで少しずつ接客に慣れていく穣太郎だが、ある日、郡司...

魚心あれば恋心

久我有加

文庫判/本体価格560円(税抜)/ 2012-10-10

突然畑違いの釣り雑誌編集部に配属され、知識もほとんどないまま若手プロアングラー(釣り師)・日垣と初心者向けの入門書を作ることになった俊文。無愛想で目も合わせようとしない日垣の態度に最初は不安を覚えるものの、実は極度の人見知りだとわかってしまえばぶっきらぼうな態度もかわいいばかり。日に日に育っていく自...

頬にしたたる恋の雨

久我有加

文庫判/本体価格560円(税抜)/ 2012-08-10

寄席を解雇された落語家のもず・こと文彦は、寄席の主・瀬島から万歳(まんざい)への転向を勧められる。 その頃、万歳は落語より格下に見られていた。抵抗を覚えつつも、台頭し始めたばかりの“新しい万歳”を理屈抜きで面白いと感じた文彦は、気の合う相方も得て万歳の道を歩み出す。 同時...

ポケットに虹のかけら

久我有加

文庫判/本体価格560円(税抜)/ 2012-06-08

亡くなった家族の借金のカタに、暴力団系の探偵事務所でこき使われている亮介(りょうすけ)。 夢も希望もないけれど毎日そんなに悪くない。 そう思っていたある日、調査で小学校の同級生・高林(たかばやし)と再会する。 いじめられっ子だった彼は背も伸びてすっかりいい男になっていたが、あの頃と変わらない笑顔で亮...

海より深い愛はどっちだ

久我有加

文庫判/本体価格560円(税抜)/ 2012-03-10

親友としてラブラブだったかわいいかわいい類(るい)と、恋人としてもラブラブになった壮太(そうた)。 けれど愛しさのままにキスして押し倒そうとしたところ、逆に押し倒されてしまう。 なんと類も壮太のことをかわいいと思っていたのだ。 類も頑固だが壮太も譲らず、事態は膠着状態に。けれど好きな相手とは抱き合い...

青い鳥になりたい

久我有加

文庫判/本体価格560円(税抜)/ 2011-10-10

山と鳥にしか興味のなかった一路(いちろ)は従兄の経営する喫茶店で同じ大学の定家順(さだいえじゅん)と知り合う。目を惹く美形で華やかな雰囲気を持つ順はなぜか一路に興味を示し二人は親しくなる。やがて恋を自覚する一路。けれど順が男女問わず人を弄んでいるという噂を耳にし、実際に現場を目撃してしまう。自分がこ...

わがまま天国

久我有加

文庫判/本体価格560円(税抜)/ 2011-07-10

トップアイドル・鷲津映一(わしづ・えいいち)のマネージャーになって以来、彼に振り回されっぱなしの雄大(ゆうだい)。映一は年上の雄大を呼び捨てにし、あれが食べたいお前が作れとわがまま放題。だが彼の才能は素人目にも本物で、悔しいけれどカッコいい。文句を言いつつも世話を焼いていた雄大だが、あるとき映一のわ...

青空へ飛べ

久我有加

本体価格560円(税抜)/ 2011-03-10

高三の夏、貴宏は甲子園で超高校級の選手・網野の豪腕に敗れ野球をやめた。それから三年、野球とは縁のない大学生活を送っていた貴宏はプロで活躍しているはずの網野が二軍落ちしていたことを知る。居ても立ってもいられず網野に会いに行くが、その前日、網野はついに戦力外通告を受けていた。投げやりになる網野に思わずト...

恋で花実は咲くのです

久我有加

文庫判/本体価格560円(税抜)/ 2010-10-09

芸人になる夢を捨て郷里の温泉街で働く隼斗のもとに、元マネージャーの時田が現れた。 新しくできる劇場の専属の作家になってほしいという時田の頼みを隼斗は即答で断るが、彼は諦めずに温泉街に留まった。 お笑いへの熱い思いも時田への密かな想いも封印して生きていた隼斗。 だが彼の出現で忘れていた想いが溢れ...

普通ぐらいに愛してる

久我有加

文庫判/本体価格560円(税抜)/ 2010-08-10

イベント代行会社で働く広記(ひろき)は、仕事で高校時代の天敵・北條(ほうじょう)と再会する。三年間毎日広記を「好きや」とからかい続け、そのくせ卒業後一度も連絡を寄越さなかった男。あの頃と同じ調子で口説いてくる北條の言葉を、もちろん広記は信用できない。だから言ってしまったのだ、「信じてほしければ、行動...

いつかお姫様が

久我有加

文庫判/本体価格560円(税抜)/ 2010-06-10

広い肩幅、長い脚、切れ長の双眸と隆い鼻、だが中身は三枚目寄りの二枚目半。 それが世間の開士に対する評価だが、市村だけは違った。 焦げ茶色の柔らかな髪に象牙色の滑らかな肌。 彼の方こそよほど綺麗な容姿をしているくせに、 開士をまるでお姫様のように大切に扱ってくれるのだ。 最初は戸惑っていた開...

Page Top